チケット
©Fabio Parenzan
指揮
園田 隆一郎Ryuichiro Sonoda

2006年、シエナのキジアーナ夏季音楽週間『トスカ』を指揮してデビュー。翌年、藤原歌劇団『ラ・ボエーム』を指揮して日本デビューを果たす。同年夏にはペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル『ランスへの旅』を指揮。その後国内外のオペラへの出演やオーケストラとの共演を重ねている。20年は、日本オペラ協会『紅天女』(新作初演)をはじめ、藤沢市民オペラ『ナブッコ』、日本フィル演奏会等に出演を予定しており、オペラと交響曲の両分野で活躍する指揮者の一人である。第16回(2017年度)齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞。藤沢市民オペラ芸術監督。