チケット
クラリネット
オリヴィエ・デルベスOlivier Derbesse

17歳からパリ国立高等音楽院でG. ドゥプリュ, M. アリニョンの両氏に師事。19歳でフランス国立リヨン管のEsクラリネット首席ソロ奏者に抜擢される。2001年からはパリ管弦楽団にてEsクラリネット首席ソロ奏者を務め、オーケストラ奏者として世界の名だたるコンサートホールで演奏、P. ブーレーズ、B. ハイティンク、W. サバリッシュなど著名な指揮者とも共演を重ねている。
また、室内楽への熱い情熱を持つ演奏家としてしばしば音楽祭に招かれるほか、“Les Flamants Noirs” (バセットホルン・トリオ)の共同創設者として活動、さらにはジャンルにとらわれない様々な音楽活動を行っている。
若い世代への音楽継承の大切さを重視し、パリ国立高等音楽院でクラリネットの指導にもあたっている。