チケット
オーボエ
アレクサンドル・ガテAlexandre Gattet

7歳からオーボエを始める。14歳にトゥールーズ音楽院で金賞を獲得後、パリ国立高等音楽院にてジャン=ルイ・カペツァリ、ダヴィッド・ワルター、ジャック・ティスに師事。フェルナンド・ジレ国際オーボエコンクール(1999年)、国際オーボエコンクール・東京(2000年)でいずれも一位獲得、同年パリ管弦楽団の首席ソロ奏者に就任。02年にミュンヘン(ARD)国際音楽コンクールに最高位入賞。パリ管弦楽団以外にも数々の主要オーケストラに首席オーボエ奏者として招聘されている。
また “Les Dissonances”アンサンブルの創設メンバーとして、モーツァルトのオーボエ協奏曲や、指揮者無しでのブラームス、ベートーヴェンの交響曲全集などを録音している他、ソロ、室内楽のCDも多数リリース。